別れても好きな人

MENU

別れても好きな人

いろんな理由で恋人とお別れした時、失恋した時、人は心に大きな穴があきます。

 

それは、元彼と居た時間や相手をどれだけ好きだったかによって大きさは変わりますが、その人の形の穴があいてるんです。

 

最初は皆、その穴が痛くて、悲しくて、泣いたり、何か別のことに打ち込むことでその穴を埋めようとします。

 

それで埋めてしまえる人もいます。

 

何か新しいことを見つけたり、別の何かを体験することで視野を広げ、自分の中で上手にピリオドを打つことができる人です。

 

でも、そうじゃない人も当然います。

 

何かをしても手に就かず、相手と過ごした楽しかった時間のことばかり思い出してしまう。

 

きっと、本当に好きだったんだなと、失ってあとから気がつく人も居るでしょう。

 

中には新たに別の恋を体験することで、その穴を埋めようとする人もいます。

 

その相手は一度別れた元彼との復縁だったり、まったく別の人だったり、ケースは様々です。

 

でも、そういう人はとても注意が必要です。
参考記事:https://mote-girl.info/h/
※どうしても別れた人とよりを戻した人はコチラのページでへ!

 

 


人によってはチェーンスモーカーみたいに次から次に新しい恋に飛びついてしまう人がいます。

 

別れてもすぐに新しい恋をみつけては付き合いますが、結局3ヶ月や半年という短い期間で別れてまた別の人に恋をする。

 

前に恋をした人のほうがいいと、復縁する。

 

もしここを読んでいるあなたがそうなら、少し立ち止まって深呼吸をしてみませんか?

 

 

なぜすぐに別れてしまったか、何がいけなかったかではなく、どれだけ相手が好きだったか、相手のどんなところが好きで嫌いだったか。

 

きちんと振り返る時間をとってみてください。

 

思い出すのも辛いなら、思い出せるようになるまで、次の恋をお休みするのもいいかもしれません。

 

自分の中の元彼が好きだったという思いや記憶に怯えることはありません。

 

むしろ、相手を好きだったという思いを受け入れてあげることはあなたにしかできません。

 

気が済むまで相手を好きでいて、そしてやっと自分の中で恋にピリオドをつけることができます。

 

ピリオドの形は様々で、諦めるという意味も、恋を続けるという意味も、相手の気持ちを取り戻して復縁するという意味もあります。

 

そして、それでもピリオドが付けられなかったとき、その時はもう一度、相手にその気持ちを伝えるのがいいでしょう。

 

諦められるまで好きでいること、とことんまで相手が好きな自分の心と付き合ってあげること。

 

その体験が一番失恋した時の心のお薬になります。

 

という意味も、相手の気持ちを取り戻して復縁するという意味もあります。

 

そして、それでもピリオドが付けられなかったとき、その時はもう一度、相手にその気持ちを伝えるのがいいでしょう。

 

諦められるまで好きでいること、とことんまで相手が好きな自分の心と付き合ってあげること。

 

その体験が一番失恋した時の心のお薬になります。

関連ページ

子供のしつけに便利なアプリ
大人が使える楽しめるスマホのアプリを集めてみました!子供のしつけに便利なアプリ